はしうど蟹とは
HOME   はじめての方へ   客室のご案内   お料理のご案内
温泉のご案内   館内施設   交通アクセス  
 

HOME» はしうど蟹とは »はしうど蟹

はしうど蟹とは

はしうど蟹

 
 
 

 

蟹の名門 海雲館が到達した最高品質。
最上級の料理をし続けた極みがここにある。


 

はしうど蟹とは。


その希少性と誰もが納得の美味「間人蟹」
この特級蟹を料理し続けたからこそわかる高品質
それが「はしうど蟹」。

 

その日一番のカニを出す
間人の心意気。


「本当に良いものをご提供したい」その想いから
奇跡の漁場、丹後但馬沖合の活ガニを港の枠を超え
鮮度と質にこだわり、厳しく選び抜き徹底的に品質管理した
その日一番の蟹を「はしうど蟹」としてご用意いたします。
 
 

 
お客様に本当においしい蟹を召し上がって頂きたい。
間人蟹や津居山蟹を目利きし、捌き、料理し続けた技と経験から
当館ならではの選別基準を設けて、合格したカニのみお届けします。
 
 
   

豊富な森の栄養が海に流れ込む「海岸部」暖流の対馬海流が流れ込み栄養豊かで多彩な魚種の漁場を生み出す「沖合上層部」低温で栄養に富んだ日本海固有水と砂泥質の土壌が広がる「沖合海底部」。
3つの要素で形成された丹後但馬沖合の海域は、ズワイガニにとって国内最良の生息環境。
「はしうど蟹」認定にはまずこの奇跡の漁場と称される丹後但馬沖合生息のズワイガニであることが大前提。
 
カニに特有の臭みが残らない底引き網漁で水揚げされた京都府(間人漁港、浅茂川港、舞鶴港)兵庫県(津居山港、浜坂港、柴山港)6港の丹後但馬沖合生息の活ズワイガニの中から各港の選別基準に加え、宿独自の基準で厳しく選別。
身詰まりの良い蟹の証である脱皮後時間が経過した堅ガニであること。
さらに、重さ、硬さ、個体や爪の大きさ、腹部の張りや色等々、当館独自の基準でカニを見極めていきます。
  純粋で濃厚なカニ味噌、甘く芳醇で繊細な蟹身を味わって頂くべく厳選したカニを7機の専用水槽で管理。
水温、水質、明るさ等、カニの生息環境に近づけた水槽内で徹底的に泥を吐かせて泥臭さや生臭さの雑味を抜きます。
毎日一杯、一杯手に取り手間をかけ確認して鮮度と品質を管理し、ご宿泊頂くその日一番のカニを「はしうど蟹」としてご提供します。
 
 

 
 

タグが付いているからすべて良いカニとは限りません。
タグ付きブランド蟹と言っても個体差があり千差万別。

各漁港で付けられるタグは美味しさや身詰まりの基準ではありません。


海雲館のカニの目利きは年間9千杯以上ものカニを捌く料理人でもあります。
お客様が食べる姿まで見るからこそ培った他の目利きとは異なる独自の視点があります。本当に美味しいカニをご提供するためには、お客様に直接カニをご提供する宿もカニの品質管理にしっかりとした取り組みを行う必要があります。


一杯、一杯カニを手に取り状態を見極める。
時間と手間をかけ、お客様が口に入れた時の品質を思い浮かべながらカニを大切に取り扱う。
目利き術と品質管理術、海雲館で取り扱うカニが他と一線を画すのは、お客様に最高の蟹をご提供したいと言う、料理人の想いが根底にある為です。

 
 
質にこだわるカニ好き・カニ通な皆様へのおススメコースをご用意いたしました。
 
全てはお客様に最上級の活蟹を献上するため。
 

一度茹でた後に熟成させ、塩が馴染み旨味引き立つ間人流の「茹で蟹」。

ピンと張った弾力と繊細な絹のような繊維に隠された旨みを味わえる「蟹刺し」。
 
 
 
 

滑らかな舌触りと新鮮なほどよい香り。

甘めの特性調合醤油で味わう「蟹みそ」。

 
高温の強火で芳醇で香しい香りと旨味と甘みを際立たせた「蟹炭火焼」など。
 

多種多彩な美味、カニ本来の上品な旨味、甘み、
「はしうど蟹」の魅力をカニを知り尽くした当館こだわりの調理法で余すことなく堪能していただきます。


 
 
2019/11/01

はしうど蟹とは


 

 

 
空室検索

 
 

PAGE TOP